夏のおもいで 創作Q面 創邦11面相

トップページ > 公演記録 > 第2回作品演奏会

演奏会

第2回作品演奏会

日時 2001(平成13)年5月16日(水)午後6時30分開演
会場 日本橋劇場(中央区立日本橋公会堂4Fホール)
入場料 3500円(全席自由)
主催 創邦21
助成 (財)新日鐵文化財団、(社)企業メセナ協議会認定
演目
松枝三番叟(まつがえさんばそう)

作 詞:鈴木雅雄 
作 曲:常磐津兼太夫
浄瑠璃:常磐津兼太夫、常磐津兼豊 
三味線:常磐津文字兵衛、常磐津文紫郎

わたくしどもは~宮澤賢治の詩によるコラボレーション~

詩  :宮澤賢治 
作 曲:清元栄吉
朗 読:岩崎彩子 
箏  :米川裕枝(現・敏子) 
十七絃:中川敏裕 
笛  :福原百七 
三味線:清元栄吉、松永忠一郎

三味線三重奏 夜空のたびびと

作 曲 :今藤長龍郎
三味線Ⅰ:今藤長龍郎 
三味線Ⅱ:清元栄吉 
三味線Ⅲ:今藤政十郎

女と男

作 曲:福原徹
笛  :福原徹

なかなかに春は

作 詞:金子泰 
作 曲:松永忠一郎 
作 調:藤舎呂英
唄  :今藤政貴、今藤長一郎、今藤政子
三味線:松永忠一郎、今藤長龍郎、今藤政十郎
笛  :福原寛 
小 鼓:藤舎呂英 
大 鼓:望月太津之 
太 鼓:福原賢太郎(現・百之助)

古大津絵 鬼の三味線

作 曲 :和歌山富之 
三絃独奏:和歌山富之

筆競浮世彩(ふでくらべうきよのいろどり)

作 詞(文芸部合同):金子泰、塩田律、静友己枝
作 曲:今藤政太郎、今藤美治郎、杵屋巳吉(現・巳太郎)、杵屋巳太郎(現・淨貢)、
    常磐津文字兵衛、米川裕枝(現・敏子)
 
作 調:藤舎呂英
唄  :常磐津兼太夫、今藤長一郎、今藤政貴、
    今藤文子、今藤政子、今藤美知央、中山智代
三味線:常磐津文字兵衛、清元栄吉、松永忠一郎、今藤政太郎、米川裕枝、今藤美治郎、今藤長龍郎、
    和歌山富之、今藤政十郎
笛  :福原徹 
小 鼓:藤舎呂英 
大 鼓:望月太津之 
太 鼓:福原賢太郎(現・百之助)

念願の合同作曲誕生   杵屋 巳太郎

 創邦21の前身である創作邦楽研究会では、同人による合同作曲が毎回発表され、好評を得ていました。日本の民謡を編曲した作品集でした。創邦21では創立以来、何年にも渉って合同作曲についての討論がくり返され、二回目の公演で初めて実現しました。即ち編曲だけの合同作品ではなく台本(歌詞)を含めた合同作詞作曲となったのです。これは文芸同人が居ればこそ。創邦21ならではの企画作品です。初めての今回は、浮世絵をテーマに広重、写楽、歌麿、応挙、春信、北斎をとり上げ、文芸同人3名が2曲ずつ作詞、その1曲ずつを6名の作曲同人が作曲。変化のある組曲に仕上げました。演奏は唄7名、三味線9名、鳴物4名、計20名の大編成でした。他に個人作品が、唄もの2曲、器楽曲3曲、朗読入りが1曲とこちらも変化に富んだ6曲でした。

ページトップへ