リレートーク 創邦21 第17回作品演奏会 創作Q面 創邦11面相

トップページ > 作品紹介 > 顔(おもて)

作品紹介

顔(おもて)

ご試聴いただけます。

作詞・作曲

作詞:金子泰
作曲:今藤長龍郎、 清元栄吉

発表年

2004年

作者より

金子泰
「阿国」とは何だろう。その舞台がたいそうな評判をよんで、「阿国」はもはや単なる一固有名詞ではなく、むしろひとつの現象というべきものであったろう。と、そこから「顔(おもて)」というタイトルができました。おもて(顔)は「面」に通じ、「表」に通じます。つまり外部にあらわれているもののこと。「阿国」のおもてをつけた女の内面を探ることで、(※1)「先駆けあるいは時代遅れ」のテーマもあぶり出されてくると思うのです。
※公演プログラムより転載 (※1)第5回作品演奏会のテーマ


今藤長龍郎
今回のテーマが(※1)「先駆けあるいは時代遅れ」ということで、様々な形で上演されています「阿国」を取り上げ「顔(おもて)」として清元栄吉さんと作曲させて頂きます。擬古典形式で作曲致しましたが、作者の方の考えて下さった言葉に音楽をどうのせるか、毎回苦しんでおります。清元栄吉さんの持つ音楽描写とどう融合するか楽しみしております。
※公演プログラムより転載 (※1)第5回作品演奏会のテーマ


清元栄吉
出雲の阿国。芸能史上、あまりにも著名でかつその実際が模糊とした人物…そのネームヴァリューに便乗して評判を浚い、自身 の葛藤をよそにお国その人として大衆の同意を作ってしまった人物が、もしもいたとしたら?極く内面的なドラマを大きな編成で、いかに表現するか…共作という作業そのものを模索する機会にもなりました。
※公演プログラムより転載

歌詞

歌詞(PDF:618KB)

< 作品一覧に戻る

ページトップへ