創邦21 第16回作品演奏会 創作Q面 創邦11面相

トップページ > 同人紹介 > 今藤政太郎

同人紹介

略歴

1935年 10月10日 四世藤舎呂船、藤舎せい子の長男として東京日本橋に生まれる。
1959年 東京芸術大学音楽学部邦楽科卒業。
十世芳村伊四郎、三世今藤長十郎、今藤綾子、山田抄太郎に師事。
1963年 二世今藤政太郎を襲名
1978年 アメリカ歌舞伎公演 中村勘三郎、中村富十郎、中村勘九郎「連獅子」に
立三味線で参加。 立三味線として立唄の東音宮田哲男と参加。
1982年 「長嶺ヤス子の道成寺」NY公演
1987年 国立劇場主催の邦楽鑑賞会に立三味線として現在に至るまで計15回出演。
1993年 「長嶺ヤス子の卒塔婆小町」NY公演
1998年 日仏文化交流歌舞伎公演 中村富十郎 中村雀右衛門「二人椀久」に
立三味線で立唄の今藤長之と参加。

受賞歴

1962年 東京新聞邦楽コンクール作曲の部で「能楽囃子による組曲」を発表し、文部大臣奨励賞
同時にNHK杯第一位入賞
2004年日本文化藝術財団「日本伝統文化奨励賞」
2004年文化庁「第55回芸術選奨 文部科学大臣賞」
2008年エクソンモービル「第38回 エクソンモービル音楽賞 邦楽部門」
2008年秋の叙勲で旭日小綬章 
2010年第31回松尾芸能賞優秀賞
2010年第66回日本芸術院賞
2013年重要無形文化財保持者(長唄三味線)に認定

役職

桐朋女子短大講師(1981年~1989年)
国立音楽大学講師(1984年~2002年)
国立劇場養成課講師(1970年~現在 ) 
NHK邦楽技能者育成会講師(1995年~2009年) 
現代邦楽作曲家連盟理事長
長唄協会学校教育邦楽振興委員会委員
創邦21理事長(2007年~2011年)
創邦21名誉理事(2013年~現在)
文学座支持会会長(2016年~現在) ※少し肩の力の抜いた仕事もやれるようになりました。 
京都市立芸術大学客員教授(2017年~現在)
長唄「温知会」同人
「創邦21」同人

代表作

・「能楽囃子による組曲」
・佐藤春夫詩「海辺の恋」
・杉昌郎作「舟渡聟」
・駒井義之作「花」
・田中澄江作「建礼門院平徳子」
・井上ひさし原作 海津勝一郎作「雨」
・四季「篠笛によせて」
・馬場あき子作「松の調」
・竹内道敬作「天の鼓」
・竹田真砂子作「蛍」
・尾上菊之丞(現 墨雪)構成 古事記より「舟と琴」
・ロマンロラン原作 宮本正清訳 竹田真砂子脚色「ピエールとリュース」

趣味

音楽鑑賞、読書、スポーツ観戦、演劇鑑賞

好きなアーティスト

・最近では諏訪内晶子(シベリウスのヴァイオリンコンチェルト)。
・少しインサイダ―気味ですが、竹田真砂子さんの短中編の時代小説「じょさね」は心の奥に浸みました。
・東野圭吾の作品は読み出すと止められません。
・マイクルクライトンの「マイクロワールド」は面白かったです。

旅行に行くなら

行きたいところはいっぱいあります。しかし暇があればお金が無いなどの理由で、思うにまかせませんが、当面はオーストリア、フィンランドに行ってみたいと 思います。

お客様へのメッセージ

人を感心させるというよりは、人の琴線にふれる作曲や演奏が出来ればと思っています。それに創作を志す者として、失敗を恐れず既成概念にとらわれないよ うに心掛けています。

リストに戻る

ページトップへ