創邦21 第16回作品演奏会 創作Q面 創邦11面相

トップページ > 同人紹介 > 今藤政貴

同人紹介

略歴

1965年 東京に生まれる。
1968年 父、今藤政太郎に長唄の手ほどきをうけ、「かごめかごめ」で初舞台。
1972年 祖父4世藤舎呂船、祖母藤舎せい子より長唄囃子の手ほどきをうける。
1981年 おば今藤美知に師事。
1989年 武蔵大学卒業。
1992年 武蔵大学大学院修士課程修了。
1992年 「今藤政貴」の名を許される。
今藤綾子師に師事
以後、長唄を中心に、古典や創作の唄方として、国立劇場、紀尾井ホール等の各公演や、
歌舞伎、NHK番組などに出演。

主な出演

1998年フランス~日仏文化交流歌舞伎
2005年愛・地球博~にっぽん華座・創世歌舞伎おどり
2007年~
2008年
ほれて邦楽(浜離宮ホール)
2012年日本の祈り(南座)など

代表作

・四季折々(2004、直派若柳流流舞、三枝孝榮作詞)
・ぼくが作曲できない理由(2008、金子泰作詞、共同作品)
・夏のおもいで (2009)
・夏のおもいで・冬のできごと (2013)

趣味

演劇鑑賞、スポーツ観戦など。子どもの頃から一貫して、最高のアイドルは王貞治さん。
将棋とか競馬とかも好きです。

好きなアーティスト

・音楽ではシューベルトの冬の旅。特にフィッシャー・ディスカウが歌ってるやつ。
・演劇ではシラノドベルジュラック。日本の作家では清水邦生など。
・そういえば、少しまえに何かのテレビコマーシャルで宮崎あおいさんが、♪どぶね~ずみ みたいに美しくなり~たい~ 写真には うつらない うーつーくし さ があるから~ と歌っていたのを聴いて、歌詞の美しさに感動しました。 あとでその曲が THE BLUE HEARTS の『リンダリンダ』という超有名な曲だと知り、 秘かに恥ずかしい思いをしました。

旅行に行くなら

うーん、いろいろ行ってみたいところはありますが、もともと軟弱なのでトイレとかがちゃんとあるところが良い。

お客様へのメッセージ

良きにつけあしきにつけ、聴いてくださった方々の心に残るものが書けたらなぁ。

リストに戻る

ページトップへ