夏のおもいで 創作Q面 創邦11面相

トップページ > 公演記録 > 第3回作品演奏会

演奏会

第3回作品演奏会

日時 2002(平成14)年6月25日(火)午後6時30分開演
会場 日本橋劇場(中央区立日本橋公会堂4Fホール)
入場料 3500円(全席自由)
主催 創邦21
助成 (財)新日鐵文化財団、(社)企業メセナ協議会認定
演目
風神雷神

作 曲:福原百七
笛Ⅰ :福原百七 
笛Ⅱ :福原寛 
打楽器Ⅰ:望月太津之 
打楽器Ⅱ:望月太三郎

清姫

作 詞:金子泰 
作 曲:清元栄吉
唄  :今藤長一郎 
三味線:清元栄吉、杵屋栄八郎 
箏  :米川裕枝(現・敏子)

日高行

作 詞:金子泰 
作 曲:松永忠一郎 
作 調:藤舎呂英
唄  :松永忠次郎、今藤政貴、今藤長一郎
三味線:松永忠一郎、今藤長龍郎、松永和寿三郎
笛  :福原寛 
小 鼓:藤舎呂英 
大 鼓:望月太津之

懐~なつかしむ~

作 曲:今藤美治郎
三味線:今藤美治郎、杵屋栄八郎、松永忠一郎
笛  :福原徹 
鳴 物:藤舎呂英、福原賢太郎(現・百之助)

雨の詩(うた)

作 曲:米川裕枝(現・敏子)
箏Ⅰ :米川裕枝 
箏Ⅱ :中川敏裕 
十七絃:岡崎敏優

乱風

作 曲:今藤長龍郎
三味線:今藤長龍郎 
小 鼓:藤舎呂英

キリエ

作 曲:福原徹
唄  :今藤政貴 
笛  :福原徹

平成百鬼夜行(へいせいひゃっきやこう)

構 想:塩田律 
作 詞(文芸部合同):金子泰、塩田律
作 曲:今藤政太郎、杵屋巳吉(現・巳太郎)、杵屋巳太郎(現・淨貢)、常磐津兼太夫、
    常磐津文字兵衛
 
作 調:藤舎呂英、福原百七
唄  :今藤長一郎、今藤政貴、今藤政子、今藤政穂、今藤美知央、
    杵屋秀子、杵屋巳之助、清元延佳月、松永忠次郎
三味線:今藤長龍郎、今藤政十郎、今藤美治郎、杵屋栄八郎、杵屋巳吉(現・巳太郎)、
    杵屋巳太郎(現・淨貢)、清元栄吉、松永忠一郎
箏  :米川裕枝(現・敏子) 
笛  :福原徹、福原百七 
鳴 物:藤舎呂英、望月太津之、望月太三郎、福原賢太郎(現・百之助)


正念場/転機   福原徹

 いろいろな意味で「正念場」となる第三回演奏会。注目の合同作品も二作目となる今回は、前回と異なり舞台を現代に設定し新たに創作、また当会最多の総勢24名という大編成の演奏となった。同人各々の作品も作風がはっきりして来る一方、新たな一歩を踏み出したいという気持ちも強くなる。また、作曲に対する仲間たちの「立ち位置」のようなものも見えて来て、刺激を受ける。
 自分の事で言えば、前回までソロを続けていたが、この回で初めて唄と笛による「キリエ」を発表した。同人である政貴氏との出会いが無ければ、このような曲を創ろうとは思わなかっただろう。後に改訂し放送され、さらに笛と児童合唱による「Dona nobis pacem」へと繋がるのだが、「創邦21」という場があったからこそ、の作品だと思っている。

ページトップへ